マケドニアU-21代表の10番がマリノスへ?

マリノスとの業務提携の可能性が話題になったレッドスター・ベオグラード(セルビア)のMFダビド・バブンスキが、マリノスとの契約に合意に達した模様。『Екипа』が報じています。

バブンスキは22歳で、主なポジションはセンターハーフ。バルセロナ(スペイン)の下部組織出身で、レッドスターの前にはバルセロナBに所属していました。マケドニアの各年代およびフル代表でのプレー経験もあり、特にU-21代表では背番号10を付けていました。なお、『Transfermarkt』での市場価格は42万5000ポンド(約6000万円)となっています。

レッドスターでは出場機会に乏しく、2016-17シーズンは5試合計233分間の出場に留まっていました。すでにレッドスターとの契約を解除して新たな所属先を探していたようで、オリンピア・リュブリャナ(スロベニア)とも交渉していたようですが、最終的にマリノスを選択した様子。

今季のセルビア・スーペルリーガ第2節メタラツ・ゴルニ・ミラノヴァツ戦(○3-1)では、すでにマリノスへと加入したウーゴ・ヴィエイラと63分間ともにプレー。ヴィエイラが2点目を挙げています。

SPORTSKE.NET』では「ダビド・バブンスキが日本2部の横浜へ行く可能性がある」と報じられていますが、その先の記述には「既にウーゴ・ヴィエイラが合流している」とあるので、横浜FC(J2)ではなくマリノスのことを指しているのではないかと思われます。

(http://ekipa.mk/david-babunski-karierajata-ja-prodolzhuva-vo-japonska-jokohama/)

※オープニングは(なぜか)画面が点滅します。ご注意ください。

広告