マリノス新監督、いよいよ決定間近か。前オーストラリア代表監督と現在交渉中。

投稿日:

先月22日にオーストラリア代表監督を辞任したアンジェ・ポステコグルー氏がマリノスとの契約交渉に臨んでいる模様。『The Sydney Morning Herald』が伝えています。

ポステコグルー氏は52歳のオーストラリア人。2013年10月からオーストラリア代表を指揮し、自国開催となったアジアカップ2015の優勝監督となりました。また、オーストラリア代表監督を率いる以前はメルボルン・ビクトリーやブリスベン・ロアー(ともにオーストラリア)を指揮するなどクラブでの経験もあり、特にブリスベン時代はリーグ優勝とカップ戦優勝も果たしています。

エリク・モンバエルツ監督の退任が決まっているマリノスですが、そのモンバエルツ監督が就任した2015年も新監督候補に名前が挙げられていました。同メディア曰く、ポステコグルー氏と親しい人物からは「アンジェは来年初めから横浜で指揮を執ることに覚悟を決めており、オファーを真剣に考えている」とのこと。早ければ来週にも決まる見通しだそうです。

今回のオファーや契約交渉はCFGの主導で行われている様子。オーストラリア代表監督を退任したときから既に接触を始めていたと報道されています。なお、ポステコグルー氏は退任時に「(オーストラリア)国外のクラブで監督がしたい」と述べていました。

ちなみに、ポステコグルー氏はレンジャーズFC(スコットランド)の監督候補として名が挙がっていましたが、同クラブのチェアマンであるデヴィッド・キング氏が外国人監督に難色を示しました。

Transfermarkt』のデータによれば、ポステコグルー氏の好みのフォーメーションは3-1-4-2。ただし、メルボルン・ビクトリーやブリスベン・ロアーでは4-4-2、4-2-3-1、4-3-3や4-1-4-1なども採用しているため、メンバーによってシステムを変える柔軟性も見て取ることができます。

http://www.smh.com.au/sport/soccer/ange-postecoglou-frontrunner-to-take-charge-of-yokohama-f-marinos-part-of-city-football-group-20171201-gzwtoj.html

広告