マリノス、前セルビア代表監督を筆頭候補にリストアップしていた?

投稿日:

前オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏がマリノスと交渉中…と言われていますが、ポステコグルー氏の他に候補として挙がっていた人物、および交渉の近況について『The Advertiser』が報じています。

はじめに、マリノスの新監督候補として挙がっていた人物についてですが、10月末にセルビア代表監督を解任されたスラヴォルユブ・ムスリン氏がそのひとりだと同メディアは伝えています。しかも、ポステコグルー氏と交渉を始める以前は筆頭候補とされていたようです。

ムスリン氏は64歳のセルビア人(フランス国籍も保有)で、ボルドー(フランス)、レッドスター・ベオグラード(セルビア)、レフスキ・ソフィア(ブルガリア)、ディナモ・ミンスク(ベラルーシ)、ロコモティフ・モスクワ、FKクラスノダール(ともにロシア)やスタンダール・リエージュ(ベルギー)などで監督を歴任。ディナモ・ミンスクではリーグとカップ戦の優勝を経験しています。

セルビア代表では15試合8勝4分5敗という成績で、同国を独立後初(2006年はセルビア・モンテネグロ代表として)のワールドカップ出場に導いたものの、解任されました。現在ムスリン氏はオーストラリアに滞在しており、ポステコグルー氏の後任としてオーストラリア代表監督就任に向けた交渉が進められているようです。

続いて、交渉の進捗について。同メディアによると、マリノスのフロントはポステコグルー氏とビデオ会談を行ったようで、100万豪ドル(=約8500万円)の年俸を提示した様子。なお、マリノスは10月にエリク・モンバエルツ監督と契約を更新しないと判断してからヘッドハンティングを行ってきたそうで、ポステコグルー氏は30人から成るマリノスの新監督候補者リストのトップ3に入っているとのこと。

なお、ポステコグルー氏と並行してとあるポルトガル人監督とも交渉を続けているようですが、その人物の名前は明かされていません。

http://www.adelaidenow.com.au/sport/football/world-cup/sacked-serbian-world-cup-qualifying-coach-slavoljub-muslin-linked-to-socceroos-gig/news-story/210ff291ed32ac280134086e10e075ae

広告