ヴィエイラ、ポルトガル代表への想いを語る。「僕のキャリアに必要なのは代表チームに入ること」。

先月18日の浦和レッズ戦に引き続き、31日に行われた清水エスパルス戦でも決勝ゴールを挙げるなど、マリノスのエースストライカーとして地位を確立しつつあるFWウーゴ・ヴィエイラ。『Record』のインタビューに応じ、自身とチームの現状、そしてポルトガル代表への想いを語っています。

Continue reading “ヴィエイラ、ポルトガル代表への想いを語る。「僕のキャリアに必要なのは代表チームに入ること」。”

広告

「時間を与えるべきだが、問題はファンだ」。オーストラリア人ジャーナリストがマリノスの現状に言及。

2018シーズン開幕からリーグ戦3試合を終え、未だ勝利に恵まれないアンジェ・ポステコグルー監督率いるマリノスですが、オーストラリア人ジャーナリストのスコット・マッキンタイア氏はポステコグルー監督に時間を与えるべきだと主張しているようです。『Daily Football Show』が伝えています。

Continue reading “「時間を与えるべきだが、問題はファンだ」。オーストラリア人ジャーナリストがマリノスの現状に言及。”

「僕自身このシステムを楽しんでいるよ」。デゲネクがハイラインサッカーとJリーグを語る。

アンジェ・ポステコグルー監督率いるオーストラリア代表でプレーしていたこともあって、すっかり現体制のスポークスマンとなっているミロシュ・デゲネク。今回は『FourFourTwo』オーストラリア版によるインタビューに応じ、チームの現況やJリーグの趨勢についても話しています。

Continue reading “「僕自身このシステムを楽しんでいるよ」。デゲネクがハイラインサッカーとJリーグを語る。”

ヴィエイラ、セルビアの“あのクラブ”からオファーを受けていた?

2016年末まで所属したレッドスター・ベオグラード(セルビア)のサポーターたちから今なお熱烈なラブコールを受けているウーゴ・ヴィエイラですが、2017年の夏にとあるクラブからオファーを受けていた模様です。『Sportske.net』が伝えています。

Continue reading “ヴィエイラ、セルビアの“あのクラブ”からオファーを受けていた?”

新生マリノスを取り巻く“変化”の数々。ポステコグルー監督がもたらし、そして得たものとは。

25日に行われたJ1リーグ開幕戦を1−1で終えた、アンジェ・ポステコグルー監督率いる新生マリノス。この試合について、『The World Game』はポステコグルー監督が採用したシステムの変化から、彼を取り巻く環境の変化に触れています。

Continue reading “新生マリノスを取り巻く“変化”の数々。ポステコグルー監督がもたらし、そして得たものとは。”

「新しく、ユニークなチャレンジだ」。新たなる船出を前にポステコグルー監督が口を開く。

自身にとって初めてとなる日本でのシーズン開幕を目前に控えたアンジェ・ポステコグルー監督が、現在までの雑感を語っています。『The World Game』が伝えています。

Continue reading “「新しく、ユニークなチャレンジだ」。新たなる船出を前にポステコグルー監督が口を開く。”

ドゥトラ、指導者キャリアの次なるステップへ。古巣のU-20チーム監督に就任。

2017年に指導者としてのキャリアを歩み始めた元マリノスのドゥトラ氏ですが、今度は2011〜2012年に選手として所属したサンタクルス(ブラジル)のU-20チーム監督に就任することが明らかになりました。『Superesportes』が伝えています。

Continue reading “ドゥトラ、指導者キャリアの次なるステップへ。古巣のU-20チーム監督に就任。”

ポステコグルー監督が語る哲学、そして野望。マリノスが進む“未来への航路”のヒントを見る。

残り1枠の外国人選手獲得について語ったアンジェ・ポステコグルー監督ですが、同じインタビューで“チーム作りの哲学”についても語っていました。

このインタビューは多くのメディアで取り上げられていますが、今回は『FourFourTwo』オーストラリア版から抜粋してお送りいたします。

Continue reading “ポステコグルー監督が語る哲学、そして野望。マリノスが進む“未来への航路”のヒントを見る。”

国籍不問?ポステコグルー体制の“ラストピース”となる存在は…

沖縄キャンプをスタートさせ、2018シーズン始動を日本で迎えたアンジェ・ポステコグルー監督が、マリノスに残る1枠の新外国人についての考えを明かしました。『The Daily Telegraph』が伝えています。

Continue reading “国籍不問?ポステコグルー体制の“ラストピース”となる存在は…”

幼少時代の夢、経験、愛国心…デゲネクが語る“オーストラリアへの想い”とは。

6月にロシアで開催されるワールドカップを控え、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが『The Roar』のインタビューに応じました。デゲネクは幼少時代の夢、サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)として過ごしたワールドカップ予選、そして日本での現状についても語っています。

Continue reading “幼少時代の夢、経験、愛国心…デゲネクが語る“オーストラリアへの想い”とは。”