「僕自身このシステムを楽しんでいるよ」。デゲネクがハイラインサッカーとJリーグを語る。

アンジェ・ポステコグルー監督率いるオーストラリア代表でプレーしていたこともあって、すっかり現体制のスポークスマンとなっているミロシュ・デゲネク。今回は『FourFourTwo』オーストラリア版によるインタビューに応じ、チームの現況やJリーグの趨勢についても話しています。

Continue reading “「僕自身このシステムを楽しんでいるよ」。デゲネクがハイラインサッカーとJリーグを語る。”

広告

ドゥトラ、指導者キャリアの次なるステップへ。古巣のU-20チーム監督に就任。

2017年に指導者としてのキャリアを歩み始めた元マリノスのドゥトラ氏ですが、今度は2011〜2012年に選手として所属したサンタクルス(ブラジル)のU-20チーム監督に就任することが明らかになりました。『Superesportes』が伝えています。

Continue reading “ドゥトラ、指導者キャリアの次なるステップへ。古巣のU-20チーム監督に就任。”

幼少時代の夢、経験、愛国心…デゲネクが語る“オーストラリアへの想い”とは。

6月にロシアで開催されるワールドカップを控え、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが『The Roar』のインタビューに応じました。デゲネクは幼少時代の夢、サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)として過ごしたワールドカップ予選、そして日本での現状についても語っています。

Continue reading “幼少時代の夢、経験、愛国心…デゲネクが語る“オーストラリアへの想い”とは。”

デゲネク、ポステコグルーのマリノス監督就任を歓迎も…?

新監督候補としてマリノスとの交渉が進められている前オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏について、マリノス所属でオーストラリア代表でもあるミロシュ・デゲネクが『SBS The World Game』のインタビューに応じました。

同記事ではインタビューの他に、デゲネクの契約状況や彼の今後の去就などについても触れられています。

Continue reading “デゲネク、ポステコグルーのマリノス監督就任を歓迎も…?”

ユ・サンチョルが全南ドラゴンズ監督就任へ。実現すれば5年ぶりのKリーグ復帰に。

かつてマリノスに在籍した元韓国代表のユ・サンチョル氏が、Kリーグクラシック(韓国1部)に所属する全南ドラゴンズから監督就任のオファーを受けており、本人もこれを受諾するつもりのようです。『Yonhap News』が伝えています。

Continue reading “ユ・サンチョルが全南ドラゴンズ監督就任へ。実現すれば5年ぶりのKリーグ復帰に。”

マリノスの練習に参加したペルー人DFアンソニー・アオキとは何者か?

ペルーU-17代表でキャプテンを務めるアンソニー・アオキがマリノスの練習に参加した…と24日にスポーツ報知が報じました。ということで、彼についてちょっぴり調べてみたので以下にまとめていこうと思います。

Continue reading “マリノスの練習に参加したペルー人DFアンソニー・アオキとは何者か?”

半年の日本滞在でデゲネクが感じたこととは。日本語習得についても言及。

オーストラリア代表メンバーとしてコンフェデレーションズカップに臨むミロシュ・デゲネク。『Outside90』のインタビューに応じ、日本での日々について語っています。

Continue reading “半年の日本滞在でデゲネクが感じたこととは。日本語習得についても言及。”

豪代表選出のデゲネク、自身の現状や日本のサッカーについて語る。

開幕から3試合連続で先発フル出場を果たし、今月8日にはオーストラリア代表メンバーにも選ばれたミロシュ・デゲネク。自身の現状と将来について、『SBS』のインタビューに応えています。

Continue reading “豪代表選出のデゲネク、自身の現状や日本のサッカーについて語る。”

デゲネク、日本語習得に意欲。

2017・J1第1節の浦和レッズ戦で先発フル出場を果たし、マリノスの開幕勝利に貢献したDFミロシュ・デゲネクですが、どうやら日本語の習得に更なる意欲を見せている様子。『GOAL』オーストラリア版が伝えています。

Continue reading “デゲネク、日本語習得に意欲。”

1860ミュンヘン、デゲネクのマリノス入りを発表。

1860ミュンヘン(ドイツ)が、DFミロシュ・デゲネクのマリノス移籍を公式サイトで発表しました。同サイトによると、今回の移籍はデゲネクの意思を尊重した結果であり、マリノスとは2年契約を結んだ模様です。

(http://www.tsv1860.de/de/Aktuelles_News/2723.htm)