ポステコグルー監督の“右腕”、年明けにも来日。マリノス新首脳陣入りへ。

アンジェ・ポステコグルー新監督の右腕としてマリノス首脳陣入りが囁かれるピーター・クラモフスキー氏について、来日が決定的になったと『The World Game』が伝えています。

Continue reading “ポステコグルー監督の“右腕”、年明けにも来日。マリノス新首脳陣入りへ。”

広告

ポステコグルー新監督はCFG幹部の肝入り。豪代表監督辞任から今日までの経緯、そして今後のプランとは。

アンジェ・ポステコグルー氏のマリノス監督就任が19日に発表されましたが、公式にアナウンスされた11時前後から、ポステコグルー氏の母国であるオーストラリアを中心に各国でも報道がなされています。

第一報となった『Herald Sun』が特に詳説しているので、このメディアの記事を中心にいくつかの情報を補足していく形でご紹介します。

Continue reading “ポステコグルー新監督はCFG幹部の肝入り。豪代表監督辞任から今日までの経緯、そして今後のプランとは。”

メルボルン・シティ退団の豪代表FWケーヒル、新天地はマリノスの可能性も?

マリノスと同じくCFG傘下であるメルボルン・シティ(オーストラリア)と双方合意の上で契約解除した、オーストラリア代表FWティム・ケーヒル。退団が発表された6日は彼の38歳の誕生日でしたが、移籍先について話題になっています。

そんな中、『SBS The World Game』は候補のひとつとしてマリノスを挙げています。以下は記事中に書かれているメリットと疑問点について。

Continue reading “メルボルン・シティ退団の豪代表FWケーヒル、新天地はマリノスの可能性も?”

数日内にポステコグルー新監督誕生へ。契約交渉にマリノス上級役員が同席か。

マリノスと交渉中のアンジェ・ポステコグルー氏ですが、数日中に契約が結ばれる見込みのようです。

今回の契約交渉はCFGが主導していると見られていますが、メルボルン・シティを担当しているブライアン・マーウッド氏が先週(11月末)ポステコグルー氏と面会した模様。なお、この時はマリノスの上級役員が同席していたと『Herald Sun』が伝えています。

Continue reading “数日内にポステコグルー新監督誕生へ。契約交渉にマリノス上級役員が同席か。”

マリノス、前セルビア代表監督を筆頭候補にリストアップしていた?

前オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー氏がマリノスと交渉中…と言われていますが、ポステコグルー氏の他に候補として挙がっていた人物、および交渉の近況について『The Advertiser』が報じています。

Continue reading “マリノス、前セルビア代表監督を筆頭候補にリストアップしていた?”

マルティノス、日本での現状と移籍の前日譚を語る。

今季ここまで5ゴール7アシストを記録(※第31節終了時)しているMFマルティノスが、『Voetbalzone』のロングインタビューに応じています。

インタビューではルーマニア時代やハンガリー時代も含め、彼のキャリア全体について触れられていますが、今回はマリノスに関わる部分などを中心に抜粋してお送りいたします。

Continue reading “マルティノス、日本での現状と移籍の前日譚を語る。”

超エリートな新フィジカルコーチ・マルレス氏のプロフィールを簡単にご紹介。

15日に行われた新体制発表会では、新加入選手およびコーチングスタッフも発表されました。先日発表された篠田フィジカルコーチの退団に伴い、新たに就任したのはアレシャンドレ・マルレス氏。この方について少し見てみたいと思います。

Continue reading “超エリートな新フィジカルコーチ・マルレス氏のプロフィールを簡単にご紹介。”

“横浜経由マンチェスター行き”について考えてみる。

マリノスも傘下に入っているシティ・フットボール・グループ(CFG)について、最近こんな話題がありました。

イングランドでプレーするには労働許可証を取得しなければなりません。そして、発行のためには直近2年間に開催された代表戦の75%以上に出場することが要件となっています(こちらを参照)。キーガン・ドリーについても例外ではなく、この要件を満たすためにニューヨーク・シティFC(アメリカ、以下NYCFC)へと“出向”させるのでは、というのが上記の件です。

NYCFCもCFG傘下であり、過去にはマンチェスター・シティやメルボルン・シティ(オーストラリア)とスムーズな連携を行ってきた事例があります。たとえばダビド・ビジャについては、NYCFCが所属するメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシーズンが始まるまでメルボルン・シティにレンタルしたり、NYCFCが獲得したフランク・ランパードはMLSのウィンターブレーク期間をマンチェスター・シティで過ごしました(後に期間延長)。

ただし、マリノスではこのような事例は未だありません。そこで、今回は“横浜経由マンチェスター行き”というプランについてちょこっと考えてみたいと思います。

Continue reading ““横浜経由マンチェスター行き”について考えてみる。”

レッドスター、マリノスと業務提携か。

7日に加入が内定したウーゴ・ヴィエイラですが、彼はマリノスとレッドスター・ベオグラード(セルビア)間の架け橋になるかもしれません。レッドスターの公式ウェブサイトがリリースを出しています。

Continue reading “レッドスター、マリノスと業務提携か。”

ACL王者経験のオーストラリア人監督、実はマリノスの指揮官候補だった?

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)で指揮を執るトニー・ポポヴィッチ監督。『Herald Sun』によると、マリノスが昨年10月に接触していたようです。

Continue reading “ACL王者経験のオーストラリア人監督、実はマリノスの指揮官候補だった?”